Harry Potter: The Exhibition – Tokyo, Japan

The Exhibition was hosted at the Mori Arts Center in Tokyo, Japan, from June 22, 2013, until September 16, 2013.  This was the ninth stop on its tour.

Press Report - Jay Mohri (English)

Harry Potter: The Exhibition - Tokyo, Japan

First of all, I’d like to thank MuggleNet for letting me cover this event. It was an amazing day for me and I hope this report will inform people of how incredible this exhibition truly is.

Harry Potter: The Exhibition was an amazing work of art. Now, some of you may have already read about the countless beautiful props, costumes and artifacts on display at the exhibition and yes, they are unquestionably fascinating, but after spending a day listening to the creators and watching them work, I was able to see how much effort they put into this fantastic exhibition and was constantly amazed by the way the exhibition itself was presented to the audience.

One of the key features of this exhibition is the fact that, unlike most exhibitions where you use just your sight to gain information, Harry Potter: The Exhibition is interactive and will draw you into the world of Harry Potter with its unique ways of conveying information. Another thing I would like to note is how the exhibition follows a certain storyline. During the walkthrough, Mr. Newquist explained to us that the exhibition is meant to feel like you are experiencing life as a Hogwarts student.

HP Exhibition: Tokyo, Japan 2

 

Mori Art Museum, located in Tokyo, was just a ten-minute jog away from Roppongi station. This was my first time attending an event as a reporter and being a mere student, I was a bit nervous as I waited near the reception desk. I was soon invited to the photo room where they handed me a Gryffindor scarf and told me to stand in front of the green screen. After that, the Harry Potter theme song started playing and a lady from Warner Brothers came and joined me, which was a relief because up until that point I was the only non-staff member in the room. We then started to chat with one of the photographers working as a staff and while I never got to ask his name, I thought I was definitely going to mention him in this report since he was really nice to us. When I asked how different the exhibition at Mori Art Museum was going to be from when they were at Marina Bay Sands in Singapore, he explained to us in detail about the differences between Mori Arts Museum and other museums they’ve been to in the past five years. We waited for a while in the room until a staff member came to tell us that we are going to be the only ones in the walkthrough tour since the others did not show up. The man then led us up to the 52nd floor, which we somehow got up in under a minute (enchanted elevator perhaps?), and there we met Mr. Newquist and Mr. Phillips from GES. They were extremely kind, treating me like an actual reporter even though I practically messed up from the very beginning, somewhat failing to introduce myself because I was panicking inwardly.

 

Inside the Exhibition: The Sorting

After a brief conversation, we were let into the first room of the exhibition and the moment I stepped into the exhibition, it felt like I was sucked into the world of Harry Potter. In the big black room, the sorting hat was sitting on a stool next to a (staff dressed as a) witch. Since we were the only two guests in the room, we both were able to get sorted by the sorting hat. I told them I wanted to be in Slytherin and the hat sorted me accordingly. The room also had posters from all the movies and a stained glass window was placed behind the sorting hat, making the room look somewhat like the great hall.

 

Pre-Show Area & Hogwarts Express

After the sorting ceremony, we moved to the next room where they played a short video, which featured highlights from the Harry Potter movies. The reason why they made this video, explained by Mr. Phillips, is because they wanted to give people who aren’t fans a short introduction to the films. He also said that they came up with the edit and worked with the filmmakers and incorporated all the shots they wanted to put in. After the video ended, the Hogwarts Express was revealed and we walked by, amazed by the smoke coming out and the poster of Sirius Black next to it.

 

Portraits, Gryffindor Common Room, and Divination

After walking through a short hall with portraits on the walls (including the fat lady), we reached the Gryffindor common room. Half of the room displayed Harry and Ron’s beds along with their belongings (wands, Ron’s howler, etc) and the other half had props from the common room as well as uniforms. We were then led to the divination display, which interestingly had Harry’s teacup with tea leaves forming the Grim.

 

HP Exhibition: Tokyo, Japan

 

 

Defense Against the Dark Arts and Potions

The next part featured Gilderoy Lockhart, Doroles Umbridge, and Remus Lupin. Mr. Newquist took time explaining Gilderoy Lockhart, telling us a story about a painting they had on the wall. When they were walking through the sets, they found the painting and wanted it but didn’t ask for it since they thought the filmmakers wouldn’t let them have it. I was glad they brought it, though, since it really visualizes his narcissism very well. Umbridge and Lupin’s props were very detailed and what was a bit surprising was how scary the jack-in-the-box from the Boggart scene was, especially the teeth. The potions display, which was right next to Remus Lupin’s, consisted of Severus Snape and Horace Slughorn’s costumes and potions-related props. Mr. Newquist told us that all the jars and elements are from the actual set and when they started shipping them internationally, they started getting questions about the contents and had to check them.

 

Quidditch and Hagrid’s Hut

The Quidditch scene was one of the most fun and interactive displays in the exhibition. As imagined, Quidditch uniforms and brooms were on display but what stood out the most was the toss-the-Quaffle game. We both got to shoot a couple of times and I was surprised by the fact that they put a motion detector on the goals so every time the Quaffle goes in, a sound goes off and it makes the game more realistic. After having fun at the Quidditch scene we moved on to Hagrid’s Hut where an animatronic Buckbeak was standing outside and Mr. Newquist explained that they used real feathers for his skin and this Buckbeak was used on set (they later on replaced him with computer graphics). An exact duplicate of Hagrid’s armchair was on display inside the hut and we got to sit in it (it was humongous).

 

Herbology and the Forbidden Forest

The interactive side of the exhibition appeared once again at the herbology scene. There we got to pull out mandrakes out of their pots and one of them had a very high-pitched voice, which actually made me want earplugs. Up to this point, everything was quite jolly and cozy but when we walked towards the forbidden forest, we knew the next scene was going to be dark. How did we know? Everything was becoming dark. We were also able to tell we were heading towards the forest because we actually smelled the forest. Mr. Newquist explained to us that scents were used for the scene. The forbidden forest had everything dark, mostly Death-Eater related props including Voldemort’s Horcruxes. We were told that for the first time in Asia, they gathered all the Horcruxes in the same exhibition.

 

The Great Hall & Shop

We were told that the doors used for this scene were molded from the original doors. The Yule Ball costumes were displayed on the right and on the left were Fred and George Weasley’s costumes along with candy and goods from Zonko’s. This was the last display in the exhibition and we were led out of the exhibiton through a black curtain. After being told I could look around on my own for a while (the Warner Brothers lady left so I had the exhibition all to myself for a while), I decided to check out the shop. The only thing in the store that is limited to the Tokyo exhibition was the pamphlet written in English. Still, the goods they had were interesting. The store was apparently still waiting for orders so it was still lacking certain T-shirt sizes and whatnot, but overall it was a good lineup. I left the exhibition after that for a while, killing time until the fan preview started.

 

Fan Preview

I went back to the museum an hour before the fan preview was starting and there was already a long line of Potterheads. Most of them were there in regular clothes but some of them were wearing costumes and carrying interesting handmade Potter items. While we were waiting for the door to open, one man dressed as Harry Potter, lit a book inside the building and surprised everybody, including the staff (but not in a good way). I was lucky enough to interview a couple of fans while we were waiting and felt Mr. Newquist’s idea to make the exhibition interactive was a great choice. Ms. Chizuko Fukuyama, a well-dressed witch who was waiting in line amongst us Muggles, told us that she was very much looking forward to the interactive aspect of the exhibition. This exhibition will no doubt be an amazing experience for Potterheads living in Japan and I really do hope people will come to experience this exhibition. There is no denying the incredibly creative aspect that GES brought in and their work combined with the extremely well crafted props of the Harry Potter films will surely be highly enjoyable.

Press Report - Jay Mohri (Japanese)

ハリーポッター展 執筆者:Jay Mohri 内容:先行訪問、製作責任者とのツアー、ファン内覧会 2013年6月20日

ハリーポッター展を見て私が感じたのは、この展示会は紛れも無い芸術作品だという事でした。 既に展示品である小道具、大道具や衣装などの素晴らしさについて知っている方も多くいらっしゃると思いますが、私は製作者の方々と共に一日を過ごし働いている姿を見て、彼らのハリーポッター展に対する強い想いを感じ取る事ができ、幾度となく展示品の見せ方についての細かい工夫に気づかされました。 この展示会の特徴として一つ挙げられるのは、視覚のみで情報を得られる多くの展示会と違い、体験する事を重視した作りになっていて多角的に情報を伝達し来場者の方々をハリーポッターの世界へと誘う仕掛けになっているという事です。 そしてもう一つ、ポッタリアンの皆様に注目して頂きたい事があります。ハリーポッター展には展示自体にストーリー性があるのです。ツアー中、製作責任者であるNewquistさんが私達に繰り返し仰っていたのは、ハリーポッター展は来場者の方々にホグワーツでの学生生活を体験してみて欲しいという願いをこめた作りとなっているという事です。 先行訪問 会場である森美術館は東京に位置し、六本木駅からジョギングで10分程の所にありました。 今回私はレポーターとして働くのは初めてで、まだ学生でもある私は「リタ・スキーターの様なジャーナリストには一生なれないな」などど考えながら緊張を抑えきれないまま受付で呼ばれるのを待っていました。 程なくして写真室へ呼ばれ、待機後に写真撮影という事でスリザリン好きなのにも関わらずその場の空気に負けグリフィンドールのマフラーを巻き、グリーンスクリーンの前で撮影をしました。 ワーナーブラザーズの方も入室され、カメラマンの方に少しお話を聞かせて頂く事ができました。 私が今回の展示会とシンガポールのMarina Bay Sandsでの展示で違う事があるか尋ねた時、彼は森美術館とMarina Bay Sandsだけでなく他の会場との差についても私に細かく説明をしてくださり、残念ながらお名前を伺う事できなかったのですが、私は去り際に絶対にこの優しいスタッフさんの事をレポートの中に組み込もうと心の中で誓いました。(苦笑) 部屋を出た後52階までエスカレーターで誘導され(1分未満で3階からたどり着いたのはきっと魔法がかかったエレベーターだったからでしょう)、会場前で今回の展示会の製作を担当されたGESのNewquistさんとPhillipsさんに会いました。お二方ともとても親切で、緊張で発狂しそうな自分が滅茶苦茶な自己紹介をしたのにも関わらず優しく接して頂けました。 展示会場内 組み分け 暫くして私達は展示会の最初の部屋へ通され、足を一歩踏み入れた瞬間、まるでハリーポッターの世界に吸い込まれたかの様な感覚に陥りました。暗く広い部屋には、ライトアップされたポスターの他、魔女(の格好をしたスタッフさん)の横に組み分け帽がぽつんと乗った椅子が置いてありました。 ツアーの参加者が私を含め二人だったので、組み分けを体験する事ができ、Newquistさん達に「スリザリンに見えないけど」と疑われるもスリザリンが良いと組み分け帽に言った結果見事スリザリンに入る事ができました。部屋には他にステンドガラスがあり、大広間を思い出させる様な作りになっていました。 プレ・ショーエリアとホグワーツ特急 組み分けが終わった私達は次の部屋へと案内をされ、そこで90秒程のビデオを鑑賞しました。このビデオはこの展示会の為にオリジナルで作ったのかとPhillipsさんに尋ねたところ、ハリーポッターに詳しくない人達の為に映画の紹介として有名な場面をハイライトしたこの動画を映画製作チームと作ったという返答を頂きました。ビデオ終了後ホグワーツ特急と通路が姿を現し、部屋に広がる煙とシリウス・ブラックのポスターに感動しつつ私達は次の場面へと移動をしました。 絵画、グリフィンドール談話室と占い学 絵画(太ったレディの肖像画も含む)が飾られた廊下を抜けるとグリフィンドール談話室へ辿りつきました。部屋の半分はハリーとロンのベッドと持ち物の展示がされており(杖、ロンの吠えメールなど)もう半分は談話室の小道具と制服の展示がありました。談話室の展示の次は占い学の展示があり、興味深いものとして死神犬の形をした茶葉が残っているハリーのティーカップが置いてありました。 闇の魔 術の防衛術と魔法薬 次にたどり着いた場面はロックハート先生、アンブリッジ先生とルーピン先生の展示でした。Newquistさんが皆さんに特に注目して欲しいと仰っていたのはロックハート先生の展示でロックハート先生が生徒に受けさせたテストです。また、巨大なロックハート先生の肖像画に関して面白いお話をして頂けました。展示物をスタジオで選んでいた時に肖像画を見つけ、是非欲しいと思ったものの、これはさすがに貸してもらえないだろうと思い黙っていたらスタジオ側から「これは要らないのか?」と聞かれ、喜んでこの展示に組み込んだとの事でした。ロックハートの見事なナルシストぶりをよく表しているこの肖像画は注目の一品です。 アンブリッジ先生とルーピン先生の小道具はとても凝っており、特に私が驚いたのは展示されていたJack-In-The-Boxの不気味さです。特に歯が怖く、ボガートがこれに変身したら果たして自分はリディキュラス!と叫べるのだろかと考えてしまうような怖さでした。 魔法薬の展示はルーピン先生の真隣りにあり、スネイプ先生とスラグホーン先生の衣装と魔法薬の授業で使う道具などが展示されていました。ここでNewquistさんが私達に語ってくださった面白い裏話がありました。容器とその中身の魔法薬の材料は実際に撮影に使った物で、海外展示の為に運んでいた際に「この中身はなんだ?」と怪しまれた事が何度かあり、自分達で一つ一つ材料の正体を突き止めなければならなくなってしまったという事があったそうです。 クウィディッチとハグリッドの小屋 個人的に私はクィディッチの体験展示が展示会の中で一番面白かったと思います。予想通りクウィディッチのユニフォームや箒の展示があったのですが、クァッフルを投げ入れようゲームという物がひときわ目立っていました。私達は実際にゲームをする事ができたのですが、私がアスリートに見えたのかNewquistさんに3発全部外さずに入れてみてと言われ完全に子供化してゴールにクァッフルを投げ入れスリザリン生として10ポイント頂きました。(笑) 楽しいクィディッチの後に私達はハグリッドの小屋の場面にたどり着き、バックビークに出会いました。Newquistさんによると、このバックビークは実際に撮影に使用したアニマトロニックで、撮影後に映像処理でCG化されたという事でした。小屋の入り口の上にいるカラスを指しPhillipさんに「おや、またカラスが一匹迷い込んだようだよ」と仰っていたNewquestさんを見て、この方の細部へのこだわりは半端が無いなと確信をしました。小屋の中には実際にハグリッドが座っていたアームチェアの複製品があり、座ってみてあまりの大きさに驚きました。 薬草学と禁じられた森 薬草学の場面でも体験型のものが展示されていました。マンドレイクを引っこ抜くというもので、調子に乗って何匹か引っ張っていたらある一匹が衝撃的な程にイラつく音を発し(笑)こんな声だったら耳栓が本当に必要だな〜と納得をしました。意外と重いので、小さいお子様には手助けが必要かもしれません。 ここまでずっと楽しい雰囲気だったのですが、次の場面に進むと同時に何か不気味なものを感じ、禁じられた森が近いんだな〜と察する事ができました。森の匂いも漂い始めていました(Newquistさんによると嗅覚の要素を意識して入れたそうです)。禁じられた森は闇に関わるものが全て集められていて、多くの物はデス・イーター関連のものでした。私達がここで注目して欲しいと言われたのは、デス・イーターのマスクのそれぞれ違う模様、手の混んだベラトリックスの衣装と今回アジア初でそろったヴォルデモート卿の分霊箱の展示でした。ここで私はNewquistさんの分霊箱クイズを征し、またもやスリザリン寮に10点を頂きました。笑 大広間とショップ 大広間の展示のドアは、実際のドアではなかったのですが現物から成型された縮小版という事でなかなかの迫力でした。左側にはYule Ballで使われた衣装や小道具が、そして左側にはフレッドとジョージウィーズリーの衣装とゾンコ製品やお菓子などが展示されていました。正面には死の秘宝が飾られており、Newquistさんによると透明マントは実際にハリー達が羽織った際などに使われていたものだそうです。撮影に使われたドビーや、シリウスとトンクスの衣装なども一緒に展示されていました。最後の展示である血みどろ男爵の衣装とフォークスの間を通ると展示は終わり、コメント/質問タイムが始まりました。最後Phillipsさんに後でグッズを渡すよと言われ、こんなにも色々として頂いて良いのかと衝撃を受けた後、この後展示を自由に見たいか訊かれ、当然の事ながら見たいと答えると音声ガイドを渡され今まで一緒だったワーナーブラザーズの方とお別れをする事となり、Newquistさんと共にまた最初から入り直させて頂きました。暫く二人でお話をさせて頂いた後に展示を独り占めで自由見学し、ものすごく贅沢な時間を過ごさせて頂きました。 この後は日本の記者内覧会が始まる前にショップへと移動し、商品を確認しました。今のところ、日本での展示会限定で販売されているのは日本語の公式パンフレットだけだそうです。中にはまだ商品が届いておらずサイズが無いT シャツなどがあったのですが、商品のラインアップは充実していたと思います。 暫く商品の間を動き回った後、森美術館を離れ、ファン内覧会まで時間を潰す事にしました。 ファン内覧会 ファン内覧会開始1時間前に戻ったのにも関わらず、受付前には既にポッタリアンの方々の列があり、ハリーポッターへの愛はスネイプ先生とリリーの様な強さなのだなと一人で思いほっとして眺めていました。マグルの格好で来た方が多かったですが、ホグワーツの制服やローブに着替えて参加された方もいらっしゃいました。中には手作りのグッズなどを持っていらっしゃった方もおり、特に印象的だったのが52階で並んでいる最中に本にインセンディオと呪文を唱え火をつけたハリーポッターの方でした。笑 列に並んでいる最中何人かのポッタリアンの方々のお話を聞かせて頂き、私はNewquestさんの体験型展示にしようという考えは、やはりとても意味がある事だったのだなと痛感しました。 マグルで溢れ返る列に紛れて並ばれていた素敵な魔女、福山さんにもこのインタビューで一番楽しみにしている事として体験ができる事という回答を頂きました。(ご協力ありがとうございました) この展示会は日本に住むポッタリアンの皆様にとって、素晴らしい体験になる事は間違いないでしょう。ポッタリアンではない方にも美術という面から興味を持って頂きご来場頂ければと切に願います。私達が映画の中で見てきた手の込んだ素晴らしい展示品と、創造性豊かなGES社の製作チームがハリー・ポッター展に吹き込んだ魔法を多くの方に是非体験して頂きたいです。

Exhibition Main Page